ホーム > ピックアップ > 破産してOK!?

破産してOK!?

破産の際借り入れにあたってその保証人がいる場合には事前にきちんと連絡しておくべきでしょう。

再度、改めて言いますが保証人がいるときは、破産の前段階で少し考えるべきです。

 

というのはみなさんが破産してOKが出ると、補償する立場の人があなたが借りた借金をまとめて支払うことになってしまうからです。

やはり、自己破産以前に保証人に、その経緯とか現在の状況を報告してお詫びをしておかなくてはいけないでしょう。

保証人になってくれた人からすれば不可欠なことです。

友人等のあなたが自己破産をするのが原因で強制的に大きな支払い義務が発生するわけです。

 

そうなるとすれば、その後の保証人である人の選べる選択ルート次に示す4つです。

まず1つめですがあなたの保証人が「全額弁済する」ということです。

 

保証人がすぐにでも数百万円のポンと返すことができるぐらいの資産を持っているならば、できるでしょう。

ただむしろ、そのまま自己破産せずにあなたの保証人にお金を貸してもらって今後は保証人である人に定期的に返していくという形も取れるかと思います。

 

その保証人が良いパートナーであるのならば、少しは完済までの時間を延ばしてもらうこともできないこともないかもしれません。

 

いっぽうでひとまとめにして完済できなくても貸金業者も相談で分割支払いに応じるものです。

 

その保証人にも破産手続き実行されると、貸したお金が全然戻ってこないリスクを負うことになるからです。

保証人が保証した借金をすべて立て替える財力がなければお金を借りたあなたと同じようにある中から借金を整理することを選ばなくてはなりません。

 

2つめの選択肢は「任意整理」です。

 

この場合貸方と落としどころをつけることによっておおよそ5年弱の年月で返済していく方法になります。

 

弁護士に依頼する場合の費用は1社ごとに4万。

 

全部で7社からのローンがあるとしたらだいたい28万円かかることになります。

 

もちろん貸方との話し合いは自ら行うことも可能ですが、法律の経験や知識がない人の場合向こう側が自分に有利な条件を投げてくるので、慎重である必要があります。

いずれにしても、任意整理で処理する場合はあなたの保証人に借金を負ってもらうことになるわけですから、あなたもたとえ少しずつでも保証してくれた人に返済を続けていくべきです。

 

続いて3つめは保証人となる人も返済できなくなった人と同様「自己破産を申し立てる」という選択肢です。

 

保証人となる人も破産した人と同じように破産すれば保証人となる人の返済義務もなくなります。

 

ただ、保証人が有価証券等を持っているならばものを失ってしまいますし、資格制限のある職についている場合は影響を受けてしまいます。

 

そのような場合は、個人再生という処理を活用できます。

最後の方法の4つめの選択肢ですが「個人再生という制度を利用する」方法があります。

住宅等の不動産を処分せず負債整理をする場合や破産申告では資格に影響する職務についている場合に選択できるのが個人再生です。

この処理の場合マンション等は残りますし破産の場合のような職業にかかる制限、資格制限等がかかりません。

 


関連記事

  1. よさげだと目星をつけたノーローンの評判はいかに

    便利になると、不便だったときのことが思い出せません。何だかすっかりネット依存です...

  2. 勝率50%

    外為初心者の方が市場の要を押さえるには、第一にトレードを積み上げる事が必要です。...

  3. 破産してOK!?

    破産の際借り入れにあたってその保証人がいる場合には事前にきちんと連絡しておくべき...