ホーム > ピックアップ > 勝率50%

勝率50%

外為初心者の方が市場の要を押さえるには、第一にトレードを積み上げる事が必要です。

 

直前に危険を察知できるようになるには、間違いを重ねる事も大事です。

 

言うまでも無く、失敗するといっても、再起できないほど決定的な負けをする事は許されません。

 

取り返しが付くケアレスミスを数度重ねる事が自らのレベルを上げてくれます。

 

これを考えると、初めはわずかな資金で売り買いをしてそれによって何回か取り返しが付く失敗をすることをおすすめします。

 

一例として、100万円しか投資する事が出来ない場合、いきなり全て投資してエントリーすると、間違えた時、取り返せない怖さがあります。

 

そうであるならば、一例として資金の10分の1ずつ小分けしてエントリーして、それによって失敗や成功を経験した方が、着実に負けを補う技術なども身についていくはずである。

 

わずかなお金で取引する事の長所は既出の通り、あなたの実戦を増やし、ミスを回避する方法を学んでいく事にありますが、それと合わせて、エントリーの回数を増やして不確実性を小さくできるという利点もあります。

 

一例として、1回だけの取引で利益を上げられる確率が5割だとします。

 

この場合、同じだけ損失を生む危険性もあるということになる。

 

勝率50%ということは半々の比率で利益が上げられる事を現しています。

 

だが、全部の資金を注ぎ込んで1度だけの勝負をするということは勝つか、負けるかのいずれかになります。

 

それはたんに1度の丁半バクチと同じ。

 

要するに、全てのお金を賭けて1回こっきりの仕かけないと、その分だけマイナスになる比率が大きくなってしまいます。

 

だから、資金を全部使うのではなく何度かに分けて、チャンスを増やす事がリスク管理となります。

 

そして何度かに分けたとしても、全てのトレードで稼ぐ必要はない。

 

と言うよりは、全て勝つことは出来ないのが実際です。

 

売り買いで肝心なのは勝つ確率ではなく、どのようにプラスに出来るかです。

 

勝率が2分の1でも、仮にそれ以下でも利益を上げる事が出来ます。

 

負ける確率が高くてもその損益が少しであれば、3割の勝利の儲けの大きさだけで十分に儲けられます。

 

そのためには、損を少なくして、儲けを大きくして心がけることだ。

 

損が出たら素早くロスカットして利益を上げられる時は可能な限り大きく利益を出す事が外為初めての方がFX取引で勝つための秘訣です。

 


関連記事

  1. よさげだと目星をつけたノーローンの評判はいかに

    便利になると、不便だったときのことが思い出せません。何だかすっかりネット依存です...

  2. 勝率50%

    外為初心者の方が市場の要を押さえるには、第一にトレードを積み上げる事が必要です。...

  3. 破産してOK!?

    破産の際借り入れにあたってその保証人がいる場合には事前にきちんと連絡しておくべき...