ホーム > ニュース > 上下する

上下する

「スプレッド」とは外為は外貨を売買の注文をして利幅を生む投資です。

 

売り買いの値は上下しています。

 

これが為替レートです。

 

テレビを見ていると通貨の為替相場の話題が流れることがあります。

 

よく見るのが「本日の為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

それは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという意味ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを表現しています。

 

すなわち、FXには買いと売りの2つの値が存在している事を表しています。

 

売値、買値の事を別の言い方で示しているFX会社も存在しています。

 

通常は売値の方が買値よりも低い値段になっています。

 

現実に買うときには高く、売るときには安くなるのが一般的です。

 

この差分をスプレッドといいFX会社の利益の1つになっています。

 

スプレッドの広さはFX取引会社によって変化します。

 

スプレッドの狭さはみなさんにとって出費になるので低いFX会社をピックアップするほうが有利です。

 

ただ、同じFX会社でも場合によってスプレッドの幅は変化します。

 

もしも普段は円とドルの通貨ペアで1銭のスプレッド幅だったとしても、市場の上げ下げがかなり激しいときには1銭よりも広くなったりする状況があります。

 

という事で、スプレッド幅が狭いのと合わせて固定しているということが不可欠です。

 

近頃では変わらないスプレッドを表示する取引業者もたくさん存在します。

 

実際に取引会社のトレード画面でリアルな市場を調べなければ評価できないので面倒くさいですが、不可欠な事です。

 

多くのお金を投資して取引をするのだから、トレードの前に、興味があるFX取引会社の口座開設を全てして、表示されているスプレッドの広さを見ておきましょう。

 

同じ通貨でも、そのときのマーケットの変動率(ボラティリティ)によって、通貨ペアのスプレッドの広さは異なる場合があります。

 

普通は、インターバンクマーケットで流動性の高いペアではスプレッドの広さが小さく他の通貨では大きくなるのが一般的です。